So-net無料ブログ作成
検索選択

狂牛病(BSE)情報336 またウナギが、うなぎボイコット! [平成阿房伝]

9月11日(木)08  毎日新聞

     <ウナギ偽装>欧州産を国産と 「浜伸」本社など捜索 東京  欧州産ウナギを国産と偽って販売していたとして、警視庁生活経済課は11日、不正競争防止法違反(虚偽表示)容疑で、東京都中央区銀座の食品販売業「浜伸」(中村陽成社長、民事再生中)本社、三鷹工場(三鷹市中原)、関連会社「弥生」(同)など計26カ所を家宅捜索した。

 調べでは、浜伸は7月31日~8月3日、欧州産ウナギ12パックを鹿児島産と偽り、弥生に販売した疑い。ウナギは都内のスーパーで販売されており、原材料欄に「うなぎ(鹿児島県産)」と表示、「産地直送」のシールが張られていた。

 東京都が、清瀬市と多摩市のスーパーで販売されていた12パックを購入し、独立行政法人農林水産消費安全技術センター(さいたま市)に鑑定を依頼。その結果、日本では水温が高すぎて養殖ができない欧州産の「アンギラアンギラ種」だったことが判明した。

 都は7月17日、日本農林規格(JAS)法に基づき、浜伸に立ち入り調査に入ろうとしたが拒否され、警視庁に相談していた。

 浜伸は76年設立。今年2月期の売上高は約8億5000万円。05年2月に東京地裁で民事再生手続きが開始され、同8月に再生計画が認可された。

 同様の事件は今年になって次々に発覚した。静岡市の輸入加工販売会社「東海澱粉」の元従業員2人が5月、台湾産を国産と偽って販売したとして逮捕された。6月には大阪市のウナギ輸入販売会社「魚秀」などが、中国産のかば焼きを愛知・一色産として販売していたことが発覚。兵庫、徳島県警が不正競争防止法違反容疑で捜査している。さらに8月には、茨城県神栖市のインターネット通販会社「サンシロフーズ」が、中国産のかば焼きを高知・四万十川産として販売したとして、茨城県警が不正競争防止法違反容疑で家宅捜索した。【武内亮、村上尊一】

ひとこと:ウナギには期待していない。日本産など無いのは分かっている。ましてや四万十川産など・・・。よけいな薬品(毒)が 入ってなければそれでいいのだが・・・。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る