So-net無料ブログ作成

石のつぶやき650 村山談話は無しにする [平成阿房伝]

5月12日(日)13 時事通信

村山談話に疑問=靖国参拝「やめない」―高市自民政調会長-

 自民党の高市早苗政調会長は12日、NHKの番組で、日本の過去の植民地支配と侵略を謝罪した村山談話について、「『国策を誤り』とあるが、当時の国際状況で何が正しかったかを自信を持って主張できる政治家など今の日本にはいない。これはちょっとおかしい」と疑問を呈した

 また、歴代内閣と同様、安倍内閣が極東国際軍事裁判(東京裁判)の結果を受け入れるかどうかに関し「国家観、歴史観は安倍晋三首相自身、違った点もあるかと思う」と述べた。

 中国や韓国が反発している閣僚らによる靖国神社参拝については「ここでやめたら終わりだ。国策に殉じて命をささげた方をいかに慰霊するかは内政問題だ」と強調した。

 これに対し、民主党の松本剛明政調会長代行は、麻生太郎副総理らの参拝は外交上の摩擦を生じて国益を損なうとして、「米国も不必要だとみているし、われわれもそうみている」と指摘した。 


5月10日(金)13 時事通信


村山談話「全て踏襲」=菅官房長官、安倍首相答弁を修正-

 菅義偉官房長官は10日午後の記者会見で、過去の侵略と植民地支配を謝罪した1995年の村山富市首相談話について「(談話)全体を歴代内閣と同じように引き継ぐと申し上げる」と明言した。

 安倍晋三首相の歴史認識をめぐり、中韓両国の反発に加え、米国にも懸念の声があることを踏まえ、村山談話を「そのまま継承しているわけではない」とした安倍首相の4月22日の国会答弁を事実上軌道修正したとみられる。 

ふたこと:官房長官が一昨日村山談話を「(談話)全体を歴代内閣と同じように引き継ぐと申し上げる」と、首相の村山談話を「そのまま継承しているわけではない」とした安倍首相の4月22日の国会答弁を軌道修正したのにもかかわらず、自民党政調会長はまた、歴代内閣と同様、安倍内閣が極東国際軍事裁判(東京裁判)の結果を受け入れるかどうかに関し「国家観、歴史観は安倍晋三首相自身、違った点もあるかと思う」と述べた。官房長官の言質は、反故にされた。ということは、安倍首相がいっていることが政府見解であるということだ。アメリカの「くぐつ」ではない、憲法を改正することで日本の侵略であったことを「なかったことにする」安倍の、安倍を橋頭堡に仕立てる日本のエスタブリッシュメントの狡猾さなのか。この齟齬を解明すれば、アメリカの属国か、戦前の憧憬かが歴然とする。国会の数では何とでもなる。これは日本の民を置き去りにする悲しい不幸が待ちかまえている。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 2

noga

>【ワシントン=竹内洋一】米議会調査局が日米関係の報告書をまとめ、旧日本軍慰安婦問題などをめぐる安倍晋三首相の歴史認識について「(東アジア)地域の国際関係を混乱させ、米国の国益を害する恐れがあるとの懸念を生じさせた」と指摘した。
>米有力紙にも首相の歴史認識を批判する社説が相次ぐなど、東アジアの不安定化要因として危惧する声が高まっている。

過去を学んで、未来の姿を制作する。
これは、非現実 (過去・未来) の内容を扱う学問である。英米流の高等教育である。
過去の内容があやふやでは、未来の世界の内容もあやふやになる。
小言・片言・独り言の類を使った発言では、過不足のない内容の世界観を構築することはできない。
未来における「あるべき姿」を主張できないから、過去における過ちにも結論をつけられない。

日・中・韓の言語 (文章) には、時制 (現在・過去・未来の区別) がない。
これは、特亜三国の特徴か。揉め事はあっても、共同作業はない。現在 (現実の中) をさまよっている。
哲学を合わせなければ、理想 (非現実) を実現 (現実化) する共同作業に力を合わせることは難しい。
君子は和して同ぜず。小人は同じて和せず。日中韓は和せず同ぜず。
夢もなければ希望もない生活が続いている。閉塞感に陥る。
頼るは、信にしくはなし。英語を使って、頭を鍛えるのが良い。
耐え難きを耐え、忍び難きを忍んで、もって万世のために太平を開かんと欲す。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/

by noga (2013-05-12 22:37) 

阿呆伝念

ありがとうございます。この閉塞感をどうしなければならないのか。ある程度のヒントをいただきました。英語は偶然にも鍛えております。
by 阿呆伝念 (2014-08-23 23:00) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る