So-net無料ブログ作成

石のつぶやき651 マイナンバーは、官僚の天下り先。 [平成阿房伝]

5月10日(金) 共同通信


マイナンバーで「利便性向上を」 首相、参院で利点強調

 参院は10日、国民一人一人に番号を割り振って納税や年金の情報を一元管理するマイナンバー法案の審議に入った。参院本会議での趣旨説明と質疑で、安倍晋三首相は「社会保障や税制の基盤となる。国民の利便性向上や行政効率化を実現したい」とマイナンバーの利点を強調した。法案は9日に衆院本会議で可決されており、今国会で成立する公算が大きい。マイナンバーは、行政サービス手続きの負担軽減などの狙いがある。


ふたこと:こういうのを嘘つきというのである。国民には何のメリットもない。民主党の時から取りあげられたということは、官僚の意志なのだ。言うとおりに安倍は動いているだけ。税金の捕捉という、現実を見れば分かるとおり、大金持ちはタックス天国へ金を移している。効果はない。住基ネットはどうなった?現行でも国民の税金は把握できる。銀行の口座は見放題であるからだ。無駄な事業に税金を永遠につぎ込む国民を不幸にするだけの官僚の発想だ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る