So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年05月| 2017年06月 |- ブログトップ

石のつぶやき 1119 おまえは、あほうか [平成阿房伝]

6月19日(月)17 おまえはアホか


  支持率こそ命の安部独裁政権 この安部独裁政権に吉報 森友学園に強制捜査


 国会で、おのれの立場が悪くなると安部は民進党の支持率を馬鹿にした。ま、その程度の民主党、その通りである。それに対してにやけた顔で質問する彼ら民主党にも最大野党の矜恃があったのか、それが問題だ。安部独裁政権には数に頼む、何でもありの当然のあり得べき姿だった。。そうであれば今日の記者会見は一体何だったのか。
 一連の安部独裁政権に対する支持率低下にだけに、何かせなあかんという自民党の小さい焦りだ。そう言わねばならないのなら、悪いことをしたという当たり前の認識があれば普通、頭を下げるべきだろう。それが日本の美しいもてなし方、というよりあったりまえだろう。それをしなかった。小池百合子都知事は一応築地に頭を下げた。この違い、どちらも我が道であるにせよ、しょうもないけどこの後に影響する。それに対する、国民を馬鹿にした会見であった。こんな記者会見、都選挙の前に行って何の問題も無いのかしらん?安部独裁政権が、メディアの中立性を一番の問題とした。本来中立などないのである。なぜかと言えば、政権がそのことを言うことそのものが中立でないことを示している。あまりにも恣意的である。こんなことで卑しくも白旗を揚げたメディアは最低の極みである。要するに存在する価値がないのだ。こんな会見、あまりにも日本の皆様に対する侮辱です。わたしらが、ほんまに阿呆と言われているみたい、ま、そ言われてもしょうないかとも思うけど、でもあまりにもバカにされてへん? それでもおこらへんかったら、「おまえーは、あほーーか」

結果は出ている。安倍晋三はモリにカケであったにすぎない。つまりそのだしは、誰から注がれたのか、に尽きる。それは森友学園、であった。かけ、その元園長を、籠池氏を、今日の強制でもって見捨てたのである。これは大阪府の認可が根源的なことだ。安部の言うとおりにしていたが偶々ばれた。こんなことが表に出なかったら、彼は安部信者として美しき老後を送っていただろう。しかし単なる偶然(?)、ここが安部独裁政権の分かれ道であった。しかしこれは、必然かもしれない。つまらないこと言うようだが、これがアメリカの結論とすればまた話は別だ。

わたくしはこの当たり前に安部が言うことにはまたぞろ否という。お前は説明責任を負うといいながら、なにも応えなかった。それが全てであろう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

石のつぶやき1118 共謀罪 スノーデン氏の日本への警告 [平成阿房伝]

ふたこと:嘘つきは泥棒の始まりと言います。子どもたちに嘘をついたらあかんといいます。モリもカケも嘘を突き通そうとしているから破綻しているのです。子どもが親の姿を見ていたらどう思うでしょうね。そこには良心という人の持っている価値観や矜恃をも根こそぎにされている悲しい姿しか見えません。そんな大人が子どもたちに何を言うのですか?何も言えないですよね。子どもたちのいじめがなくならないのは、やっぱり大人の世界がおかしいからでしょう。貧乏な親が多すぎます。貧乏で結婚など考えられない大人が急増しています。貧乏でない結婚している大人たちは仕事で殺されています。そして若者も殺されています。  成長戦略というなら子どもを増やすことです。若者が結婚できるようにすることです。衆人環視の世界では生きてはいけないのです。その国家の民が生き生きと生活できる、それが国の姿であることをやっと学んではなかったのか。その宝物を安倍独裁政権は取り上げようとしています。日本国民は安倍にその権力行使をさせてしまう選挙結果を与えたのです。暗黒の世界が待っています。また戦争の暗い時代に戻ります。安倍は嘘をつき、平然としています。そんな嘘つきに乗せられる国民はど阿呆ですね。わたくしも含めてですが・・・。
06月03日(金)17   00:16短縮 URL11045203


スノーデン氏、日本を脅かす大量監視に警鐘


米情報機関の元職員スノーデン氏は、日本政府が共謀罪の採決を目指していることを受けて、日本人に監視社会の危機が迫っていると述べた。共謀罪は、組織的犯罪集団が犯罪の実行に同意し、準備行為をしたと捜査当局にみなされた際に実行前に処罰することを可能にするもの。

共謀罪:日本人は、国家から個人生活を干渉されない特権を守れるか?
スプートニク日本
「大量監視の始まり」だとモスクワでスノーデン氏にインタビューした共同通信が報じた。スノーデン氏は監視が大規模監視システム「エックスキースコア(XKEYSCORE)」を用いることで非常に深刻になると考える。同システムは対象のメールや通話、ネット活動の履歴を、リアルタイムで監視できる。スノーデン氏は、同システムが米国から日本に供与されたと述べる。

スノーデン氏は現在の日本の状況と、2001年9月11日に起きた米同時多発テロ後の米国の様子を比較。大量監視は市民の自由を犠牲にするうえ、テロとの戦いにおいて極めて非効率だと指摘する。

この前、米国家安全保障局(NSA)および中央情報局(CIA)の元職員のエドワード・スノーデン氏はメルケル独首相の行った欧州は自分の運命を引き受けねばならないという発言にコメントを発表した。



6月2日(木)17   東京新聞朝刊



「監視システムを日米共有」 スノーデン氏との一問一答




 -エックスキースコアは何ができるのか。
 「私も使っていた。あらゆる人物の私生活の完璧な記録を作ることができる。通話でもメールでもクレジットカード情報でも、監視対象の過去の記録まで引き出すことができる『タイムマシン』のようなものだ」
 「エックスキースコアを国家安全保障局(NSA)と日本は共有した。(供与を示す)機密文書は本物だ。米政府も(漏えい文書は)本物と認めている日本政府だけが認めないのは、ばかげている
 -日本の共謀罪法案については
 「(法案に)懸念を表明した国連特別報告者に同意する。法案がなぜ必要なのか、明確な根拠が示されていない。新たな監視方法を公認することになる
 「大量監視の始まりであり、日本にこれまで存在していなかった監視文化が日常のものになる
 -大量監視は何をもたらすか
 「『あなたに何も隠すものがないなら、何も恐れることはない』とも言われるが、これはナチス・ドイツのプロパガンダが起源だ。プライバシーとは『隠すため』のものではない。開かれ、人々が多様でいられ、自分の考えを持つことができる社会を守ることだ。かつて自由と呼ばれていたものがプライバシーだ」
 「隠すことは何もないからプライバシーなどどうでもいいと言うのは『言論の自由はどうでもいい、なぜなら何も言いたいことがないから』と言うのと同じだ。反社会的で、自由に反する恥ずべき考え方だ」
 -大量監視で国家と市民の関係は変わるか
 「民主主義において、国家と市民は本来一体であるべきだ。だが、監視社会は政府と一般人との力関係を、支配者と家臣のような関係に近づける。これは危険だ」
 「(対テロ戦争後に成立した)愛国者法の説明で、米政府は現在の日本政府と同じことを言った。『これは一般人を対象にしていない。テロリストを見つけ出すためだ』と。だが法成立後、米政府はこの愛国者法を米国内だけでなく世界中の通話記録収集などに活用した
 -テロ対策に情報収集は不可欠との声もある。
 「十年間続いた大量監視は、一件のテロも予防できなかったとする米国の独立委員会の報告書もある
 「当局の監視には、議会と司法の監督が有効だ。特に司法は、個別のケースについてチェックする必要がある
 -日本の横田基地(東京)勤務時代の仕事は
 「アジア各地に散らばる米国のスパイ通信網を構築する技術者として働いていた。私が暴露した文書には、横田基地で二〇〇四年に新たな施設を建設した際の費用六百六十万ドルのほとんどを日本政府が負担したことを示す文書が含まれている。これは事実だ。米軍駐留経費の肩代わりは、米軍が駐留する国に共通する。新たな植民地主義だ
 「米国による日本の官庁への盗聴が暴露された際、日本の法を破ったにもかかわらず、なぜ日本側は抗議しなかったのか。少なくとも文句を言い、やめるよう伝えるべきだったのではないか
 -機密情報を暴露するに至った理由は
 「重要なのは事実だ。死ぬほど怖いことだが、価値はある。私は政府が各国の人々の権利を侵害しているという事実を暴露したことで、違法とされた。倫理に沿う決断をするためには法律を破るしかない場合がある。歴史的にも、完全に合法だが完全に倫理に反しているという政策や決定はあった。法律は守るべきだが、社会、国民、将来のためになるという限りにおいてだ
 -亡命生活について
 「もちろん米国の家に帰りたい。ロシアに住むことを望んだわけではない。もし、日本が私を迎えてくれるなら幸せだ。ただ、インターネットを通じて私は世界を仮想訪問している。私はネットの中で生きている」 (モスクワ・共同)
<エドワード・スノーデン氏> 1983年6月21日、米ノースカロライナ州生まれ。2004年に陸軍特殊部隊員を目指したが、その後CIAに雇われた。09年に民間会社社員として在日米軍横田基地内の国家安全保障局(NSA)に勤務。13年6月、NSAによる米国や世界規模での大量監視の実態を英ガーディアン紙などに暴露した。同月ロシアに渡り政治亡命。米当局はスパイ活動取締法違反などの疑いで訴追。一方、監視社会の実態を警告した「内部告発者」として評価する声も高い。 (共同)


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

石のつぶやき1117 北のミサイルは日本に来ない? [平成阿房伝]

ふたこと:北朝鮮と太いパイプがあるのだと思わせる発言である。ミサイル危機を国民には煽っておいて、のんびりゴルフをしていた安倍云々首相。今回はNSCも開催せず。前のときは野党に言われてNSCを開催した。  キューバ危機のときケネディ米大統領は核シェルターを設けた。日本では原発事故の時ですら、避難ができない。それで以て次々原発再稼働か、国民の命はどうでもよいという安倍独裁政権。これでもよいというのか、日本の人よ。こちらの方が怖い。 蛇足:桝添前都知事の場合、別荘で過ごしていたことがやり玉に挙がっていたが、「安倍首相は前夜から私邸帰らず備え」でいいんかいな。やっぱりお化けが出るのかな官邸は・・・。でも菅には出なかった。菅には霊感がない。日本会議の人達には凄い霊感があるのかもしれない。稲田を見ててそう思う。

6月8日(金)17   12時39分 産経ニュース


【北ミサイル】菅義偉官房長官「わが国の安全保障に影響を与えるものではない」 安倍首相は前夜から私邸帰らず備え



 菅義偉官房長官は8日午前の記者会見で、北朝鮮が同日朝に発射したミサイルについて「北朝鮮・元山から弾道ミサイルではなく地対艦ミサイルと推定されるものを数発発射したという情報を承知している」と述べた上で、「わが国の安全保障に影響を与えるものではない」と語った。北朝鮮への抗議は行っていないという
 政府は7日午前から、北朝鮮でミサイル発射の兆候があることを把握していた安倍晋三首相は同日夜、東京・富ケ谷の私邸に帰宅せず、首相公邸に宿泊して緊急時に備えていた。しかし、8日朝に発射された地対艦ミサイルは日本の領海内や排他的経済水域(EEZ)に着水しなかったことから、菅氏の緊急記者会見や国家安全保障会議(NSC)の関係閣僚会合などの開催を見送った
 岸田文雄外相は同日午前、外務省で記者団に対し、「北朝鮮はすでに今年に入り9回、弾道ミサイルを発射している。こうした挑発行動は許すことはできない」と非難した。また、「米国、韓国などとも連携しながら、引き続き情報収集・分析に当たり、高度の警戒態勢を維持していく」と強調した。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

石のつぶやき1116 政治的な意図はない政治的意図 河野克俊統合幕僚長 [平成阿房伝]

ふたこと:何でもありの閣議決定。閣議決定を貶める安倍独裁政権。身内をかばうことだけは一所懸命。国民など何も考えたことがない。これが政治的行為でなくて何なのだ。嘘つき稲田も「問題ない」でお終い。ここまで国民はバカにされている。国会答弁で嘘をつくことが常習になっている。菅官房長は嘘をつくとき、目が泳いでいる。安倍云々は同じことの繰り返し、意味不明。感情を高ぶらせる。稲田は真顔で嘘をつく。ひょっとこ太郎はにたりにたり、財務省の証拠隠滅で安倍に貸しはできたとにんまり。滓だな。


6月2日(金)17  14時39分

統幕長発言「政治的行為に該当せず」 政府が答弁書


 安倍晋三首相が憲法9条に自衛隊の存在を明記する意向を示したことをめぐり、自衛隊制服組トップの河野克俊統合幕僚長が「ありがたい」と歓迎した発言について安倍内閣は2日、「自衛隊法61条で禁じている(自衛隊員の)政治的行為には該当しない」との答弁書を閣議決定した。

 逢坂誠二衆院議員(民進)と小西洋之参院議員(同)の質問主意書に答えた。

 答弁書では、記者からの質問を受けて、河野統幕長が「憲法という非常に高度な政治問題であり、統幕長という立場から言うのは適当ではない」と明確に述べたうえで個人としての見解を述べたものだ、と説明している。

こんなニュースも



5月25日(木)17  中日新聞


防衛省の統幕長、政治的意図否定 憲法9条改正巡る発言で



 防衛省の河野克俊統合幕僚長は25日の記者会見で、憲法への自衛隊明記を「一自衛官としてありがたい」とした自身の発言について「記者の質問に個人的な感想を述べた。全く政治的な意図はない」と釈明した。

 一自衛官としての憲法尊重擁護義務への見解や、今後も公の場で個人的考えを述べるのかも問われたが「一切政治的な意図はない。これ以上のコメントは差し控える」と述べるにとどめた。

 野党から公務員の憲法尊重擁護義務に違反するなどとして問題視する声が上がる一方、菅義偉官房長官や稲田朋美防衛相は「問題ない」との見解を示していた。

(共同)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

石のつぶやき1115 安倍独裁政権の証拠隠滅 [平成阿房伝]

ふたこと:日本は法治国家ではない。三権分立とは建前で、自民党独裁を国民が許してきた。一党独裁が50年近く続き、政権交代が起きたのはつい最近のことだ。野田の馬鹿が自公に政権を売り渡してしまって、今がある。国民は知性のかけらもない安倍云々首相の独善を許してきた。集団自衛権を許し、秘密保護法案を許し、戦争法案も認め、そして今共謀罪の総仕上げを日本国民は何の痛みもなく受け入れようとしている。あの戦争は何だったのか、国民を塗炭の苦しみに陥れて悲惨な結果をもたらしたのは、一体何であったのか?その反省の上での敗戦後ではなかったのか?  自民党独裁とマスコミが騙る安倍一強との違いは わたくしが使っている辞書には「一強」はない。一興、一驚である。これは安倍独裁というべきことなのだ。それを安倍一強という言葉で誤魔化しているのである。安倍に阿るマスメディアの造語であろう。独裁は怖いが、一強なら柔らかいということだろう。国民には受け入れやすい。共謀罪も、テロ等を頭に入れれば、「テロ等準備罪」にすればそりゃそうだテロは怖い、という反応になる。そのような情報操作があらゆるところに散りばめられている。  自民党独裁は三権分立がないということ、司法も存在しない。全て自民党の言いなり。しかしマスメディアはまだましだった。NHKは視聴者も少ないのに国会中継だけは続けていた。ところがどうだ、今のNHKは国会中継をしないのだ。共謀罪の審議もたまに取り上げるだけである。新聞テレビを黙らせたのは、安倍独裁の恫喝である。小沢一郎を追い落とすのにあれだけ全精力を傾けたマスコミが安倍独裁政権にものを言わなくなった。これほどの落差は一体何なのか?これは相当の官房費がつぎ込まれた成果であろう。広告費も恫喝されて日本のマスコミは死んでしまった。 モリやカケは、うまいそばを食う千載一遇のチャンスであった。マスコミにとっては・・・。ところがこれを生かせない、民進党も糞だがマスコミは増すゴミと化している。安倍独裁政権は完全にアウトである、お引き取り願うと声高に叫べばそれで済む話だ。  それがどうだ、このような証拠隠滅にただ口をくわえて見ているだけか。これは犯罪である。安倍独裁政権による犯罪だ。しかし共謀罪が成立すればこういうことを言えばこちらが捕まってしまうのである。権力はやりたい放題になる。今が先途、乾坤一擲、命をかける秋だ。

6月2日(金)17  朝日デジタル版


森友交渉時のデータ消去へ 財務省がシステム更新



 学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地売却の交渉記録を記した文書や電子データを財務省が廃棄・消去したとされる問題で、同省は2日までに当時使用していた情報システムを更新した。運営を委託していたNECが近くデータを物理的に消去する作業に入る。この作業でデータが完全に消去されれば真相究明への道がいっそう険しくなる


森友関連の財務省データ、保全申し立てを却下 東京地裁
 今回、財務省が更新したシステムは2013年1月から使用していたもの学園が国有地取得要望書を提出した同年9月から、学園に国有地を売却した昨年6月までの全期間で使われていた。職員に貸与されていたパソコンも一斉に更新された。
 システムや職員のパソコンには交渉記録などのデータが物理的に残っている可能性があり、野党は保存の必要性を指摘。「犯罪捜査でも消去したデータの復元を行っている。このまま更新したら国民から隠蔽(いんぺい)と思われる」(民進党の高井崇志氏)などと更新の凍結を求めた。しかし、財務省は見直しを拒否した。

 NPO「情報クリアリングハウス」は財務省と近畿財務局が持つ関連電子データの証拠保全を東京地裁に申し立てたが、先月31日に却下された財務省はNECに7月31日までの物理的な消去を求めている。同NPOは「(裁判所の)決定は法の趣旨を誤解している」として、週明けに抗告する方針だ。

 一方、民進、共産両党は2日、国有財産売却などの手続きに関する透明性を確保する狙いから、各省庁に関連する情報開示を義務づける国有財産法改正案を共同で参院に提出した。(南彰、中崎太郎)






5月19日(金)17 東京新聞 朝刊


「森友」交渉記録の消去許さない 電子データ保全を NPOが申し立てへ


 大阪市の学校法人「森友学園」に国有地が格安で払い下げられた問題で、財務、国土交通両省と学園との交渉内容などを記した電子データが消去されないよう、NPO法人「情報公開クリアリングハウス」が、両省を相手に、証拠保全を東京地裁に申し立てることが十八日、分かった財務省は六月に省内のシステムを入れ替える予定で、記録の復元が不可能になるのを防ぐのが狙い。政府の電子データを対象とした証拠保全の申し立ては異例。 (金杉貴雄)
 申し立ては十九日。証拠保全の対象は、財務省から学園への国有地売却に関する交渉、政府内協議などに関する財務省や近畿財務局、国交省大阪航空局の記録。これらを不開示とした政府の決定を取り消す訴訟と同時に申し立てる
 クリアリングハウスは今年二月から三月まで、財務省や国交省に対し、情報公開法に基づき記録の公開を請求。両省は四月五日までに、いずれも「文書が確認できなかった」「文書が存在しない」との理由で不開示を決定し通知した。
 財務省などは国会答弁などで記録について「保存期間は一年未満」とし、「学園への売却契約を締結した昨年六月で事案が終了し、速やかに廃棄した」と説明。電子データも「同様に削除した」と主張する。
 これに対し、クリアリングハウスは申し立てで、学園は国有地を取得した代金支払いを十年分割で払うため、「終了」との判断は誤りである上、「八億円もの値引きに関わる証拠書類は保存期間五年に該当する」と指摘し、速やかな開示を請求。廃棄したとしても「デジタルデータを復元することは十分に可能だ」と指摘する
 しかし、財務省が六月にシステムを入れ替えれば復元が不可能になるとして、恣意(しい)的解釈で記録が廃棄されたまま、違法な公文書管理の是正機会を失ってしまうと証拠保全を求める。
 クリアリングハウスの三木由希子理事長は、本紙の取材に「森友問題では多くの特例を重ねており、財務省は後日の説明や訴訟に備え記録は残しているはず。もし、電子データの削除が事実だとしたら保全しなければ復元できなくなる」と指摘する。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

2017年05月|2017年06月 |- ブログトップ
メッセージを送る