So-net無料ブログ作成

狂牛病(BSE)情報995 英、バーミンガムで不気味、狂牛病の [平成阿房伝]

2月6日(月)12 by Justine Halifax Birmingham Mail

スペシャル レポート:West Midlandsにおける狂牛病の真実のコスト

バーミンガムはヒトの狂牛病、あるいはvCJDの次の発生の病気の時限爆弾を抱えているようなものである。

 この地方で何人もの命がなくなった。しかし何千頭もの牛が焼かれた光景は、遠い遠い記憶のように思える。1996年までに牛肉を食べた誰もが、健康についての不安を新たにした、とJustine Halifaxは報告する。

 West Midlandsの少なくとも8人の人がvCJDあるいは狂牛病で死んでいる。―もっと多いかもしれない。

 彼らの中には7人の子供の親でもある前バーミンガムの教頭、Rory O`Sullivan、有能な小学校教師のElizabeth Smith, グレードAの生徒Jorawar Gillや陸軍指導教官Michael Jones
がいた。

 そしてスカウトのリーダー、Stusrt Hanslow 、祖母のIrene McMillan、エンジニアのKeith Humphreys、物流業マネージャーMichael Clifordもその中にいた。

 彼らはバーミンガム、Sutton Coldfield、walsallやredditchに住んでいて、若い人は20歳から70歳代までの人たちだった。

健康保護局によると、175人が1990年以来英国でvCJDで死亡している。ゆっくりと神経細胞をダメージを与えながら突然死に至らしめる。

 たいていは脳にスポンジ状の小さな穴が現れる。これはBSE(牛海綿状脳症)の結果である。

 BSEそのものは食品から人に感染するプリオンという呼ばれるタンパク質が原因である。

 よく知られている割には、この壊滅的な治癒不能の病気は、アルツハイマー病の若年性とよばれることが多い。

 2000年に英国中でのvCJD死亡者数は、3年間に350人の死亡が予測されたが、28人であった。ヒトの狂牛病で今でも死ぬ人がいる。一年前、西ミッドランドでこの病気の犠牲者が出た。Stuart Hanslow氏である。 

さらに第二の流行が心配されている。

 科学者は1996年以前に牛肉を食べた何千にも中に不治の病のキャリアーがいると考えている、最初の流行で亡くならなかっただけである

 それでは何人の感染者が存在するのか、正確にはわからないが、専門家は数千人はいるだろうとしている。

 John Collinge教授は、感染者がどれだけいるか、また何人のヒトが進行しているかはわからないという。

 潜伏期間は、全く症状は現れないし、何十年もかかることもある。

 健康保護局(HPA)が新しく把握したことは、1996年以前に牛肉を食べた4000人に1人がCJDのキャリアーであると考えられるという。その頃に狂牛病に感染した牛が食の流通から排除されたとされている。

 ある専門家は、全国に15,000人の感染者がいるだろうという。他の専門家は60,000人に上るという。 1998年の時点でCJDの患者は200人から350万人の間の予想をしていた。


ひとこと:人の狂牛病の問題は、アルツハイマー病や認知症などの中に紛れ込んでいる、あるいはヒトの狂牛病を認めたくない政治的な都合で、語られている。現実をとらえれば、表向きには狂牛病など存在していない潮流をつくり出している。しかるにアルツハイマー病が狂牛病と何の関係もないとの報告もない。どれだけの狂牛病キャリアーが、世界中に蔓延しているかの結果を出すことになる。ヒトの狂牛病を出したくない国々は、アメリカを筆頭として、アメリカでは3人であるが、米国本土でヒトの狂牛病に罹って死んだ人は誰もいない。死んだ人はイギリスに滞在していたか、米国に来る前に狂牛病に汚染された肉を食ったサウジアラビア人だけである。因みに日本でヒトの狂牛病と診断されたのは、唯一ひとりの男性である。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。