So-net無料ブログ作成

石のつぶやき819 チンピラ並み 日本の首相 [平成阿房伝]

3月13日(金)15  朝日新聞朝刊

 安倍氏「それぐらいで萎縮、情けない」
  選挙報道巡る発言
  国会で質問に反論

 安倍晋三首相は12日、昨年11月のTBSのニュース番組に出演した際の発言が、報道への圧力ではないかと指摘されたことについて、「(番組への)圧力と考える人は世の中にいない。番組の人たちはそれくらいで萎縮してしまう人たちか。極めて情けない」と述べた

 12日の衆院予算委員会で、民主党の細野豪志政調会長の質問に答えた。

 首相は衆院解散を表明した昨年11月18日の番組で、街頭インタビューでアベノミックスに批判的な発言が多かったことについて、番組で「おかしいじゃないですか」などと発言していた

 首相は12日の予算委で、発言について「私がその番組の関係者に電話してクレームをつけるのとは違う」と述べた。さらに「(番組内で)私の考えに反論があれば、そこで反論すればいい」と語った。

 これに対して細野氏は、首相が3日の予算委で番組での発言について「私の考え方をそこで述べることは言論の自由だ」と述べたことを問題視。「国民が権力者に対し、自由にものを言えることが近代立憲主義だ。『言論の自由』をいかなる状況でも確保するのが総理の仕事だ」と批判した。



3月14日(土)15 朝日新聞朝刊


岡田氏「報道の自由萎縮」

 
 民主党の岡田克也代表は13日の会見で、安倍首相が昨秋のテレビ番組で街頭インタビューに「おかしいじゃないですか」などと発言したことに対し、「相当考えないと報道の自由が萎縮してしまう」と指摘した


テレビ発言 首相「言論の自由」

 首相は3日の衆院予算委員会で、番組での発言について「私の考え方をそこで述べることは言論の自由だ」と答弁した。岡田氏はこれについても「憲法は権力者を縛ることが一番重要な役割だ。(首相が)『憲法の言論の自由があるから縛れない』というのは、憲法観が根本から間違っている」とも述べた。


菅氏 「問題視おかしい」

 一方、菅義偉官房長官は13日の記者会見で、「総理大臣の地位にあるものについても、表現の自由は保障される。(首相は)裏ではなくその場で放映された映像について、偽らざる強い違和感を吐露した。問題視するのはおかしい」とも述べた。


ふたこと:ありえへんことで、絶句する。民主主義の国のその最高権力者の謂いである。「言論の自由」だとぬかす。「ヘイトスピーチ」もこの手の輩にかかれば言論の自由ということになる。ヘイトスピーチ、訳の分からぬ日本語をつくって事の本質をはぐらかす。言論の自由といって、やっていることは人権侵害そのものである。脅迫、殺人教唆等々、果ては日帝時代の排外主義言辞のオンパレード。その延長線上にある安倍の発言と捉えるべきだろう。チンピラ、破廉恥。本来の民主主義国の権力者であれば、こんな言葉は出てくるはずもない。日本人民はすばらしき首相を選んだものである。       合掌。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。