So-net無料ブログ作成

狂牛病(BSE)情報1148 ノルウエーで、欧州で初めて、トナカイがCWD(シカの狂牛病) [平成阿房伝]

ひとこと:これは憂うべきことだ。なぜトナカイがCWDに感染したのかである。それもノルウエーの高山で。韓国の例は、生きたエルクを1990年代後半に飼育するために輸入した。それが感染していた。前にも書いたが最近のCWD調査は、日本ではされていない。CWDがヒトに感染するかどうか、それが問題である。狂牛病は、病気の牛肉を食べて感染する。病気のシカの肉は食べないようにとアメリカでは指導している。シカを触るときはきちんと手袋をつけて、とか。シカの病気もヒトにうつっても不思議ではない。けれどもヒトには感染しないとアメリカは言う。


4月18日(火)16 Rachel Becker   NATURE

恐ろしい動物のプリオン病、ヨーロッパに現れる

  狂牛病に似た脳障害がどうしてノルウエーに広がったのかは謎である。

 感染力の強い致命的な動物の脳障害が初めてヨーロッパで発見された野生のトナカイの一例だけではあるが、知らないうちに感染が広がっていることを研究者は危惧している。
 
慢性消耗性疾患(CWD)は、北米や韓国のシカ、エルク(アメリカアカシカ)、ムース(アメリカヘラジカ)に限定されると考えられていた。しかし4月4日、ノルウエーの野生のトナカイに発見されたと研究者は表明した。CWDがヨーロッパで初めて発見されたことと、世界中で初めてこの種に見つかったことの両方が初めてである。

 「懸念している―もちろん特に動物には。とんでもない病気だ」と言うオスロのノルウエー獣医学研究所のSylvie Benestadは、なかまのTurid Vikorenとともに病気のトナカイを診断した。

 今一番の問題は、限られた―特殊な―例、あるいは病気がヨーロッパに発見されないで広がっているかどうかだ。
(以下略)
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。