So-net無料ブログ作成

石のつぶやき1085 これでTPP採決か [平成阿房伝]

10月31日(月)16

TPPを急ぐ安倍、たれのために利するのか

 国会審議を時々聞いているが、納得のいく答弁は何も無い。当然のはずであろう。黒塗りの材料しかないのだ。それでは審議できないと言えばそれで済む。ところが野党はそれで審議している、採決されてもかまわないという姿勢である。どこにTPPを反対する論理があるのだろうか。米(こめ)のSDSを取り上げても、のらりくらりの答弁を切って棄ててしまう勢いもない。民進党はどこかでTPPは通ってしまえばいいという雰囲気がある。だから採決の日が延びればいいという安易な方向となった。
食の安全を言えば、とんでもないことになる。アメリカの意向が必ず反映される。米も大豆もトウモロコシも遺伝子組み換えが入ってくる。日本は表示できるという。そんなことは全くあり得ない。アメリカでは遺伝子組み換えであろうとクローンであろうと食べるのに安全という太鼓判を押している。それを安全では無いと言えば、裁判に訴えられる。アメリカのFDAが安全というものに対して異議を申し立てることはできない。裁判で負けることになる。
 アメリカの食品で一番危険なものは牛肉である。今はこのように指摘できるが、TPPが効力を発揮すれば今言っていることも訴訟の対象となる。なぜアメリカの牛肉が危険と言えば、きちんと検査していないのである。年間4000万頭を屠畜する国で、狂牛病と認定されたのは、今までで4頭である。だからこそアメリカは安全だと強調する。日本は全頭検査した結果、年間100万頭ぐらいしかないが、36頭の狂牛病が発見された。それがあって日本の牛肉に対する安心感は高まった。ところが日本は30ヶ月以上の牛しか狂牛病検査をしなくなった。それ以来一頭も検査にひっかたた牛は報告されていない。
 世界的規模での狂牛病の情報は極めて少なく無くなっている。一番驚くべき事があったのは、ノルウエーのトナカイが狂牛病に相当する、シカのCWD(慢性消耗症)であったことだ。CWDはアメリカで増え続けている。今では24州にも及ぶ。どんどん増え続けるであろう。ところが日本ではその調査が皆無に等しい。エゾジカで一時したがそれ以来されていない。日本のシカは安全かどうかは分からない。
TPPの一番の問題は、今まで日本で表示されていたこと、いい加減であっても、アメリカの表示内容にされることだ。国会の答弁では日本の表示が当然だと言っていた。それはあり得ない。成長ホルモンが多量であろうとも、抗生物質があっても輸入禁止できない。なぜならアメリカが安全としたものが、安全と言えない。言えば裁判されるのだ。
 農業もアウト、工業製品もアメリカの優位のまま、とどまるところこのTPPは日本を潰すものである。にもかかわらず安倍自民党は採決する。どこまでも日本国民を不幸にする。なんのために? 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。