So-net無料ブログ作成

石のつぶやき1151 キノコから3倍の放射能 山形 [平成阿房伝]

政府規制値の3倍、放射能キノコ
ふたこと:これは偶々、偶然検査されただけの話。金額の張るものではないし、一部の人が困るだけ・・・。それも山形、逆に言えば山形でも未だにセシウムはきちんと残っているということだ。原発に近いところでは、とんでもないということだ。除染除染で泣く子も黙る。悪いけど風評被害という言葉は使い方が間違っている。無いところに有るのだろうというのが風評。100ベクレル以下だから、大丈夫と言われても困ってしまう。

9/22(土)18    18:47配信 さくらんぼTV


野生キノコ「サクラシメジ」から基準値超える放射性物質・販売施設が自主回収 山形

山形県の大江町と尾花沢市で販売された野生キノコ「サクラシメジ」から、基準値を超える放射性セシウムが検出されたことが分かった。

これは、厚生労働省が9月19日に行なった買い上げ調査で判明した。県によると、大江町の「道の駅おおえ」では、販売していた山形市産のサクラシメジから基準値の3倍にあたる1キロあたり300ベクレルの放射性セシウムが検出された。すでに1箱350グラム入りが6箱販売され、現在自主回収を進めている。

また、尾花沢市の「道の駅尾花沢」で販売していた市内産のサクラシメジからも、基準値を超える放射性セシウムが検出された。こちらの販売は、厚生労働省が調査のため買い上げたものに限られ、他への流通はないという。

県は25日以降に山形市と尾花沢市とその周辺市町から採取した検体を調べ、基準値を超えた場合、採取地の市と町に野生キノコ全てについて出荷の自粛を要請する



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。